子育てNIE

「仕事共有スペース」開所 子育ても安心!遊び場なども備える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
施設の内覧に訪れた親子

 南相馬市は5日、同市原町区栄町に子どもの遊び場などを備えた共有ワーキングスペース「マチ・ヒト・シゴトの結び場 NARU(なる)」を開所した。

 国の地方創生推進交付金を活用し、市が整備した。市の委託を受けた小高ワーカーズベース(同市小高区)が運営する。約170平方メートルに、約40席を備えた仕事用の共有スペース、子どもの遊び場、カフェを設置した。

 同施設で行われた開所式では、林秀之副市長、ハローワーク相双の菅野幸成所長、小高ワーカーズベースの和田智行社長がテープカットし、新しい船出を祝った。

 娘を連れて内覧に訪れたという母親(35)は「子どもを見守りながら、大人もゆっくり本が読めるいい施設」と話した。

 開所後初のイベントとして、同施設で13日、物販用の小型屋台を作る「みなみそうまヤタイワークショップ」、また17日には、インターネットを使って在宅で仕事ができる「クラウドソーシング」を学ぶ講座の説明会を開く。いずれも参加無料。

 利用時間は火~金曜日が午前10時~午後8時、土、日曜日、祝日が午前10時~午後5時。月曜日定休。