子育てNIE

体操をみんなで一緒に 福島で「ふくしまっこ育成セミナー」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
たにぞうさんの歌と音楽に合わせて踊る参加者

 幼児教育に携わる人たちが子どもの遊ばせ方などを学ぶ「ふくしまっこ育成セミナー」が2日、福島市のNCVふくしまアリーナで開かれ、幼稚園教諭や保育士らが子どもと一緒に楽しめる体操や遊びに取り組んだ。県、福島民友新聞社の主催、県教委、県私立幼稚園・認定こども園連合会などの後援。

 NHK・Eテレの子ども番組「おかあさんといっしょ」への楽曲提供や振り付け指導で活躍する、たにぞうさんが歌や音楽に合わせて体を動かす楽しさを紹介した。

 本県の子どもの運動能力や体力の向上を目指す「ふくしま元気UPプロジェクト」の一環で作った「赤べこメヒカリゆべし!~ふくしま親子たいそう」などを披露しながら、振り付けのポイントを解説した。「あくびと笑顔は移る」と参加者に笑うことや、褒めることの大切さも伝えた。

 2部構成で行われ、こども環境学会(東京都)の小沢紀美子理事は「遊び力育成講座」と題し、遊びで活性化する脳の働きなどを解説した。