子育てNIE

赤ちゃんと手遊び 鏡石中学生が育児体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
絵本の読み聞かせをしてあげる生徒

 鏡石町の鏡石中の生徒たちと幼児たちとの「ふれあい授業」は28日、町老人福祉センターで行われ、生徒たちが"育児"を体験した。

 家庭科授業の一環として実施。3年生約30人が参加し、地域の0歳児から2歳児までの幼児約10人と触れ合った。

 生徒たちははじめに「大きな栗の木の下で」の歌をプレゼント。絵本の読み聞かせや手遊びにも挑戦した。はじめのうちは緊張気味だった生徒たちも、お母さんたちの助けを借り赤ちゃんと接するこつを教えてもらいながら一緒に楽しい時間を過ごした。