子育てNIE

開設10周年の節目祝う 喜多方・子育てサポートセンター

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
天気の仕組みを説明する天達さん

 きたかた子育てサポート・センターは24日、喜多方市の喜多方プラザで開設10周年記念祝賀会を開いた。市内の子育て支援を続けてきた同センター関係者や子育て中の家族が節目を祝った。

 同センターを運営するNPO法人クラブまちてらすの星朋子理事長があいさつ。気象予報士の天達武史さんが雲ができる仕組みを実験し、天気予報がどのようにして発表されるのかなどを分かりやすく解説した。5人組ボーカルグループの「ベイビー・ブー」がコンサートをした。

 同センターは2009(平成21)年1月に設立。同年4月に親子で気軽に利用できる場所として、きたかた子どもステーションを開所した。15年11月に現在の同市字清水台に移転した。これまでに延べ6万人以上の親子が利用した。

 子どもの一時預かりなどをするファミリー・サポート事業、家庭訪問型の子育て支援「ホームスタート」も行っている。