新聞記事の書き方学ぶ 遠野高でNIE記者派遣事業

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞記事の書き方学ぶ 遠野高でNIE記者派遣事業

田中支局長から新聞製作について学ぶ生徒ら=遠野高

 県NIE(エヌ・アイ・イー)推進協議会は13日、教育現場で新聞を活用するNIEの本年度推奨校となっているいわき市の遠野高で記者派遣事業を行った。

 毎日新聞社の田中英雄いわき支局長が講師を務め、同校1年生が新聞の特性や記事の書き方などを学んだ。

 田中支局長は「新聞は世界や国内で起きている事象や事件などを報告し、評価し、その見通しを掲載している」などと新聞の特徴を語った。

 取材する際の注意点として、「基本は取材する相手に密着し、話を聞き、様子をしっかりと眺めること」などとし、記事を書く場合には「いつ」「どこで」「だれが」「何をした」など「5W1H」が必要となることを説明した。

 また、同校の活動で取り上げる題材として、校内の環境や生徒会で取り組んでいる課題、通学路の安全などを例として掲げた。

 同校では本年度、1年生が「わがまち新聞」、2年生は「学校新聞」、3年生は「切り抜き新聞」を製作している。

 記者派遣事業は福島民友新聞社など、同協議会の加盟8社が輪番制で行っている。