県NIE事業で本社が移中訪問 記者が経験談披露

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県NIE事業で本社が移中訪問 記者が経験談披露

藍原記者(右)の講話に聞き入る生徒と保護者ら

 県NIE(エヌ・アイ・イー、教育に新聞を)推進協議会の記者派遣事業と、福島民友新聞社ニュースカー「ふれんど号」が行く出前講座「学校訪問」は6日、NIE実践校の移中(田村市船引町、宗像静夫校長)で開かれ、生徒と保護者、教職員が新聞制作や新聞記者の仕事に理解を深めた。

 「学校訪問」では、福島民友新聞社の渡辺信彦総務部主任が、記者が取材してから各家庭に新聞が届けられるまでの流れを説明。100年前と現在の紙面を比較したりして新聞の歴史や制作作業を解説した。

 NIE教育講演会では、同社編集局の藍原寛子記者が国内外での取材のエピソードや、仕事のやりがいと苦労を披露。「記事には多くの人生や物語がつづられている。新聞に親しみ社会で起きていることに理解を深めてほしい」と話した。