新聞記事を比較し討論 東舘小で公開授業研究

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞記事を比較し討論 東舘小で公開授業研究

新聞記事を比較し、記事の視点の違いなどを学ぶ児童たち

 新聞を教育現場で活用する「NIE」の本年度実践指定校に選ばれた矢祭町の東舘小で26日、新聞を取り入れた授業の公開研究会が開かれた。

 5年生25人を対象に県内の教育関係者らに公開。羽田空港と地方空港に関する全国紙2社の記事を題材に、「日本の空港の現状と課題について自分の考えを深めよう」と討論した。

 記事では、1社は羽田空港の航空自由化に期待感を示す一方、別の1社は、羽田空港の航空自由化で地方空港が生き残りを懸けた岐路に立たされている、と掲載。児童は、記事の感想を話し合う中で、新聞によって記事の視点が違い、読者の印象も変わってくることがある点に触れた。その上で、一つの情報にとらわれず、別の情報も取り入れながら、メディアと上手に向き合うことの大切さを学んでいた。