NIE実践指定校に認証状交付 福島で代表者に手渡す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NIE実践指定校に認証状交付 福島で代表者に手渡す

認証状を受ける各校の代表者ら

 新聞を教育の現場で活用するNIEの実践指定校に対する認証状交付式は19日、福島市で行われ、県NIE推進協議会の菅野幸一代表幹事が実践校の代表者に認証状を手渡した。福島民友新聞社などが加盟する同協議会の主催。

 菅野代表幹事のあいさつに続き、吉田尚県義務教育課長が「表現力や読解力の育成に新聞の活用は重要。子どもたちや教師にとって有意義になるよう努めたい」と述べた。

 実践指定校9校の小中学、高校には新聞を各教科に活用してもらうため、地方紙や全国紙が提供されるほか、要望があれば新聞記者派遣なども行う。

 実践活動の紹介も行われ、継続校の教諭らが授業での取り組みの様子や成果、課題などを報告。新規校の教諭らも、今後の取り組みの抱負を語った。