「小学校に新聞」25% 図書館調査、NIE浸透

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 児童の閲覧用として図書館に新聞を置いてある公立小学校は、昨年5月時点で25%に上り、2010年の前回調査より8ポイント上昇したことが5日、文部科学省の調査で分かった。公立中学校も4ポイント増え、19%だった。

 学校で新聞を教材として活用するNIE(教育に新聞を)の取り組みが全国で広がっており、政府は12年度から5年間、小中学校に新聞1紙を置く費用として毎年15億円を計上。文科省は「年度途中の集計なので、次回調査ではさらに増えているのではないか」としている。