NIE実践校に永和小など新規指定

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NIE実践校に永和小など新規指定

本年度の事業計画などを決めた総会

 教育現場で新聞活用を広げようと活動する県NIE推進協議会(代表幹事・菅野建二福島民友新聞社常務)は22日、福島市で総会を開き、本年度の事業計画などを決めた。

 同協議会は、福島民友新聞社をはじめ県内の地方紙、全国紙8社、県教委で組織し、毎年、十数校に各紙を提供したり、記者派遣などの事業を展開している。

 総会では、菅野代表幹事が「学校のみならず、地域も教育の場と広く捉え、新聞業界として後押ししていきたい」とあいさつ。飯村新市県教育庁義務教育課長が「新聞の果たす役割は幅広い。その良さを教育現場で活用できるよう指導していく」と述べた。長谷川恵一日本新聞協会新聞教育文化部長が「新聞協会として協議会に貢献するため、NIEアドバイザーを置く、教員の勉強会を開く、の2点を提案したい」と話した。

 昨年度の事業、決算報告を承認したほか、本年度のNIE実践指定校10校を決めた。

 実践指定校次の通り。

 新規=永和小(会津若松市)平五小、中央台南中、いわき秀英中(いわき市)▽継続=桜の聖母学院中、西根中(福島市)富野小(伊達市)大成小、柴宮小(郡山市)相馬高(相馬市)