「新聞」学びに役立てて 県内のNIE実践校に認証状

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「新聞」学びに役立てて 県内のNIE実践校に認証状

菅野代表幹事から認証状を受ける二瓶校長(左)

 教育現場で新聞を活用する「NIE(教育に新聞を)」の県内の本年度実践校に対する認証状交付式は16日、福島市で行われ、御山小、桜小、川谷小、大鳥中、川谷中、橘高の新規6校を含む実践校12校に認証状が手渡された。福島民友新聞社などが加盟する県NIE推進協議会の主催。

 同協議会の菅野厚代表幹事(福島民友新聞社取締役販売局長)が「新聞の使い方は自由。学校を主体に、1年間有効に活用してほしい」とあいさつ。菊池篤志県教育庁義務教育課主幹が「新聞の特徴を理解し、子どもたちや各校に合わせた実践が重要」と話した。その後、菅野代表幹事が御山小の二瓶篤子校長ら12校の代表者に認証状を手渡した。同協議会加盟社と実践校の担当者による懇談も行い、桜の聖母中で実践しているコラム作成や、新規校の活動計画などが各校の担当者から報告された。

 実践校には新聞を授業に活用してもらうため、一定期間、地方紙や全国紙が提供される。また、要請があれば新聞記者を派遣し講演なども行う。