新聞で「よき紙民になる」 NIE全国大会が開幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 教育現場での新聞活用を普及するNIE活動について、教育と新聞関係者らが情報交換する第19回NIE全国大会は31日、徳島市で開幕した。1日まで。日本新聞協会の主催。

 2日間で全国の教諭や新聞関係者ら延べ960人が参加する。

 本県からは、本年度のNIE実践指定校教諭の安部有紀さん(桜小)鳴川紀子さん(御山小)深瀬幸一さん(橘高)の3人と県NIE推進協議会員が参加している。

 大会テーマは「よき紙民になる〜子どもに意欲を持たせるNIE活動」。初日は、英オックスフォード大の苅谷剛彦(かりやたけひこ)教授が記念講演。徳島県NIE推進協議会長の原卓志鳴門教育大教授の基調提案に続き、パネルディスカッションを行った。

 苅谷教授やNIE授業を経験した社会人、中学生、中学生の保護者、教諭、新聞関係者が登壇し、子どもに意欲を持たせるNIEの在り方について意見を交わした。パネリストからは「NIE授業をきっかけに新聞を読むことで、記事を読み解き、社会に対する考える力が身に付いた」などの意見が出た。

 最終日は小、中学校、高校の各分科会で公開授業や実践発表などを行う。