日本新聞協会がNIE実践指定542校を発表 福島県内は12校認定

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本新聞協会は8日、学校の授業など教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の、2016年度実践指定校542校(前年度から3校減)を発表した。

 内訳は、小学校213校、中学校193校、高校122校、小中連携2校、中高連携7校、特別支援学校4校、高専1校。16年度からの新規指定校は242校で、300校は継続校となる。

 授業などで新聞を活用してもらうため、協会と各新聞社は購読料を補助する。実践期間は原則2年間。また協会とは別に、13道府県のNIE推進協議会が独自に小中高校など66校を認定した。

 今年のNIE全国大会は8月4、5の両日、大分市で開かれる。

県内では、新規6校、継続6校の計12校が実践指定校に認定された。内訳は、小学校7校、中学校2校、中高連携1校、高校2校。

 県内の実践指定校次の通り。

 新規=金谷川小、平野中(福島)謹教小、神指小(会津若松)五箇中(白河)郡山女子大付高(郡山)▽継続=城南小、日新小(会津若松)泉北小(いわき)五箇小(白河)桜の聖母中・高、橘高(福島)