教育に新聞活用を 15日に郡山で初のシンポ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県NIE推進協議会による「教育に新聞を!NIEの活用シンポジウム」は15日午後0時30分から、郡山市麓山の中央公民館で初めて開かれる。小、中学校、高校の教育現場で新聞を活用する授業について、教員ら教育関係者や報道関係者が意見を交わす。県教委の共催、郡山市教委の後援。

 日本新聞協会NIEコーディネーターの関口修司氏が「NIEの教育効果を測る―可視化から分かること」と題して基調講演する。県教育庁義務教育課指導主事の榊原康夫氏、金谷川小校長の渡辺雅人氏、郡山女子大付高教諭の難波宏彰氏、安積二小校長の増子春夫氏らが調査結果や実践例を発表する。