国内外のニュース解説 川俣・高齢者教室「白寿大学講座」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小野次長(右)の説明を受けながら本県や国内外の出来事を振り返った受講生

 川俣町の高齢者教室「白寿大学講座」の本年度最終講座が9日、同町中央公民館で開かれた。福島民友新聞社の小野広司編集局次長が昨年の本県、日本、海外を取り巻くニュースを解説した。

 小野次長は受講生約40人を前に、福島民友新聞の読者が選んだ2017年県内十大ニュース、国内と海外の十大ニュースをそれぞれ紹介。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興の歩みにも触れたほか、事件や事故の形態の変化など平成も振り返った。

 講座後、閉講式が行われ受講生23人に修了証書が授与された。同講座は、昨年5月からはじまり全11回開かれた。新年度の講座は5月25日に始まり、全11回開く予定。