中学生、新聞を読もう 小野町LC、福島民友新聞の購読料寄付

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大河原校長(左)に目録を贈った(同2人目から)国分会長、西牧幹事、吉田事務局長

 新聞を読むことで読解力や社会での基礎知識を中学生に身に付けてもらおうと、小野町ライオンズクラブ(LC、国分伸三会長)は12日、小野中に福島民友新聞11部の1年間の購読料を寄付した。

 同LCの青少年教育振興事業の一環。同町が活字文化振興を目的に制定した「図書・新聞に親しむ条例」の趣旨に賛同し、寄付を決めた。

 国分会長や西牧義和幹事、吉田昭事務局長が同校を訪れ、大河原久宗校長に目録を手渡した。大河原校長は「有効に活用させていただきます」と感謝した。

 同LCは3月、創立50周年記念事業の一環として、小野高に福島民友新聞10部の1年間の購読料を寄付している。