日本の伝統工芸とコラボした『STAR WARS』の限定グッズ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ルーカスフィルム公式ライセンス商品「浮世絵 スター・ウォーズ」の第2弾 「千年飛鷹流水図(Millennium Falcon)」 

 11月5日から2017年1月初旬まで、IDC OTSUKA 新宿ショールーム内に期間限定ポップアップコーナー「STAR WARS / PREMIUM HOME COLLECTION 2016 by IDC OTSUKA」がオープン。12月16日の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の全世界同時公に先駆けて、『STAR WARS』の多彩なデザイン商品に触れられる。

【画像】「STAR WARS」限定クッションカバー12種

 「STAR WARS / PREMIUM HOME COLLECTION 2016」では、 "ここでのみ買える" 最新アートを用いた限定販売クッション12種、信楽焼や山中塗り、美濃焼などの日本の伝統工芸各産地とコラボレーションした陶磁器や漆器のコレクションなど、『スター・ウォーズ』の人気キャラクターや最新作のキャラクターをデザインした多彩なコレクションおよび関連商品300種以上を展示・販売する。

 さらに、2015年7月より販売開始し、人気を博したルーカスフィルム公式ライセンス商品「浮世絵 スター・ウォーズ」の第2弾が登場。単品販売2種は各100部限定、3作品コンプリートセットは100セット限定で販売される。この稀少な「浮世絵」を特別展示し、11月16日より、単品各10部限定、コンプリートセット10セット限定で予約販売を開始する。期間中は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場する「デス・トルーパー」のフィギュアも特別展示するなど、プレミアムアイテムが集結する。

 コレクターをはじめ、幅広いファンの心を捉える『STAR WARS』の世界観を体感できそうだ。