押切もえ、ラジオで結婚報告「ちょっとドキドキします」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ラジオで涌井秀章投手との結婚を報告した押切もえ

 1日に千葉ロッテマーリンズの涌井秀章投手(30)と結婚したモデルの押切もえ(36)が5日、パーソナリティーを務めるbayfm『moe’s UP!!』に出演。2日にブログで結婚を報告していたが、リスナーに向けて改めて結婚を報告した。

【写真】お相手・ロッテの涌井秀章投手

 番組オープニングで「ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、このたび私、押切もえは、入籍いたしました。発表後、自分の声でこうしてお伝えするのは初めてなので、ちょっとドキドキしますが」と報告。涌井投手とのなれそめついて「2013年に初めて出会って、長い間友人関係だったのですが、彼の穏やかで誠実なところに引かれてお付き合いを初めて、先日プロポーズをされて、いま夫婦となりました」とうれしそうに語った。

 続けて「仕事を応援してくれる方なので、大きな生活の変化はないのですが、少し心境は変わりますね」と明かし、「彼をもっと応援したいなとか、支えてあげられるかなとか、そういう思いと、自分も一層成長していきたいなという気持ちが強いです」と胸の内を告白。また「同じ千葉県同士ということで、みなさんに身近に感じていただけたらうれしいです。これからもこんな私をよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 押切は2日のブログで「彼は不器用な私を理解してくれ、成長させてくれるかけがえのない人であり、私もそんな彼を少しでも支えることができれば、と願っております」と思いをつづり「これからは、2人で協力してあたたかい家庭を築いていきたいと思います」と決意を述べていた。

 また、涌井投手も球団を通じて「この先の人生において、私には彼女の力が必要で、一緒に歩んでいきたい大事な存在です。今後は2人で温かい家庭を作っていきたいと思います」とコメントを発表している。