ユニクロ「カリーヌ・ロワトフェルド」、2016AWの注目アイテムは?

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
11日より発売される、カリーヌ・ロワトフェルド氏とユニクロのコラボレーションライン「カリーヌ・ロワトフェルド」 (C)oricon ME inc.

 世界のファッション界で絶大なる影響力を持つカリーヌ・ロワトフェルド氏とユニクロのコラボレーションライン「カリーヌ・ロワトフェルド」の2016年秋冬アイテムが11日、発売される。エスプリの効いたベーシックなデザインにトレンドエッセンスを織り交ぜたコレクションの数々。その中でも今年らしさが際立っている注目アイテムは?

<写真>ファッションショーで披露されたコーディネート

 元フランス版『VOGUE』の編集長で、ファッションアイコンとして、実力のあるファッションエディターとして世界のファッション界から一目置かれるカリーヌ氏と、ユニクロのデザインディレクター・滝沢直己氏によって作り上げられた同ライン。カリーヌ氏が掲げるテーマ"マスキュリンとフェミニンのコントラスト"を形にした、大人女性のための上質なデザインが揃っている。

 その中でも注目は、今季のトレンドを随所に取り入れたアウターコレクション。人気のMA-1とイミテーションファーを組み合わせたブルゾン、レオパード柄のイミテーションファーコートを用意しているほか、トラッドなツイード素材もコートやジャケットで展開。マニッシュなデザインのジャケットは、バックラインに女性らしい柔らかなシルエットを持たせ、ロングコートはウエストラインをシェイプさせ、裾まで広がりを持たせた繊細なラインに。ハンサムでありながら時にフェミニンな顔を覗かせる、「働く大人女性のクールビューティ」なアイテムになっている。

 価格帯はアウターが税抜5990円~1万7900円、ボトムスが同3990~4990円、シャツ同3990~5990円など。日本での取り扱い店舗は銀座店、UNIQLO OSAKA、、プランタン銀座店、心斎橋店、池袋東武店、ど全12店舗。オンラインストアでも販売を行う。