冬イルミ「青の洞窟」2年ぶり復活 渋谷に場所移し開催

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2014年に開催し好評を博した冬イルミ企画「青の洞窟」が2年ぶりに渋谷で復活

 2014年に話題を呼んだイルミネーション企画「青の洞窟」が、2年ぶりに復活することが7日、実行委員会より発表された。場所を渋谷に移し、渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木までの約750メートルで実施する。

<写真>2014年、中目黒開催時のイルミネーションの様子

 同イルミ企画はイタリアの名所である「青の洞窟」をイメージしたもの。2014年の初開催時は中目黒の川沿いに約40万球の青色LEDを設置。往復1kmにわたり繰り広げられる、ブルーの光が水面にも映る幻想的な世界が評判を呼んだ。

 2年ぶりの開催となった今年は『青の洞窟SHIBUYA』と題し、代々木公園内のケヤキ並木約250メートルに「青の洞窟」をイメージした空間を再現。約55万球の青色LEDライトを使用し、幻想的な世界に染め上げる。期間は、11月22日から2017年1月9日までで、イルミネーション点灯時間は午後5時から11時まで。