渋谷慶一郎、12・4ピアノコンサート 菊地成孔・森山未來と共演

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
渋谷慶一郎 Photograph by Yurina Niihara

 音楽家・渋谷慶一郎が、年末恒例のピアノソロコンサートを12月4日に東京・寺田倉庫G3-6Fで開催することが決定した。ゲストにサックス奏者の菊地成孔、俳優の森山未來を迎え、森山はダンサーとして渋谷と共演する。

【写真】ゲストの森山未來、菊地成孔

 『Keiichiro Shibuya Playing Piano Plus』は、マチネ(昼公演)、ソワレ(夜公演)の1日2回公演。それぞれ異なるゲスト、内容、曲目で行われる。

 午後4時からの昼公演は、菊地をゲストに迎え、全編ピアノとサックスによるデュオを披露。コンサートでは初共演となる両者は、即興演奏のみならず、ビル・エヴァンス、アントニオ・カルロス・ジョビン、デビッド・ボウイらの名曲カバーなどを披露する。

 午後7時からの夜公演では、渋谷がピアノソロ「for maria」などを演奏。ダンサーとしても目覚ましい活躍を見せている森山が、楽曲の世界観をダンスで表現する。

 渋谷は「自分の曲も演奏すれば即興的な部分もあり、スタンダードもある。それらをシームレスに行き来して泳ぐにように演奏したい。6本の柱が屹立する寺田倉庫のスペースで僕たちの孤立が重なるのを囲み輪になって観てほしいと思う」とコメントしている。

 1日(2公演)通し券を先行発売中。各公演のチケットは今月11日に発売予定。各回終演後には、サイン会も予定されている。

■渋谷慶一郎コメント
ここ数年、僕は暮れに一人でピアノソロのコンサートをやってきた。
そしてこの先もずっと一人でピアノを弾いて次の年に向かう、それがずっと続くと思っていたし僕にとっては唯一の大事な習慣になっていた。

しかしこの孤立は奇妙なものだとも思う。
僕の国外のプロジェクトのほとんどがコラボレーションワークだし、THE ENDのような大掛かりなプロジェクト・チームで世界中を駈けずり回っていたりもする。
もしかしたら自己確認や習慣だと思っていたこのピアノソロは集団化、均質化していくこの国の状況に対する無意識の態度表明だったのかもしれない。

ピアノは鏡のようなもので、そのときの自分を写すだけではなくその周囲も写り込むしそこに光が射すときもある。
今年の年末は僕一人ではなく、しかし決して集団化しない個人として際立って屹立したアーティストと一緒に演奏してみたいと思った。

公演はマチネとソワレの1日2回公演で内容は全く違う。
16時からのマチネではサックスの菊地成孔さんをゲストに迎え、19時からのソワレでは森山未來さんのダンスと共演する。

ピアノとサックスは音が出る楽器同士の共演、ダンスは息や床を擦る音以外の音はしない。

自分の曲も演奏すれば即興的な部分もあり、スタンダードもある。
それらをシームレスに行き来して泳ぐにように演奏したい。
6本の柱が屹立する寺田倉庫のスペースで僕たちの孤立が重なるのを囲み輪になって観てほしいと思う。