投資初心者におすすめ! メリット多数の「ロボ・アドバイザー」とは?

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
投資初心者には最適!? 「ロボ・アドバイザー」のメリットを紹介する

 コンピュータープログラムが個人投資家に資産運用のアドバイスを行う「ロボ・アドバイザー」が、国内でにわかに盛り上がりを見せている。今年10月には、SBI証券および住信SBIネット銀行が「WealthNavi(ウェルスナビ)」との業務提携契約を締結したと発表。このほかにも、さまざまなサービスが立ち上がっているので、まとめて紹介しよう。

賢くお金を使うために! FPが「加入する保険の選び方」を伝授

 ロボ・アドバイザー最大の特徴は「投資にまつわる手間が減る」。そもそも投資で利益を得るためには、「株を安く買って高く売る」ことが必要だ。そのためには、戦略や銘柄選び、リスクの判断など労力がかかるため、時間を多く割けない人は簡単に手を出せなかった。

 だが、テクノロジーの進化により誕生したロボ・アドバイザーがあれば、世界中のマーケットを調査・分析するだけでなく、相場が急変したときにリスク回避の判断を自動で行うなど、資産運用の戦略を少ない手数料で一任することができる。具体的に見ていこう。

■WealthNavi(ウェルスナビ)
 冒頭でも触れた「WealthNavi」は、目標金額の設定からメンテナンスまで、資産運用を自動化してくれるもの。ノーベル経済学賞の受賞者でもあるハリー・マーコウィッツ氏の「ポートフォリオ理論」などに基づき、分散投資によるリスクの削減効果を考慮。そのうえで最も効率的なリターンの獲得が期待できるよう、資産配分を最適化してくれる。

 取引ごとの手数料は一切なく、預かり資産の年率1%、3000万円を超える部分については年率0.5%のみ(年率はともに税別)。約50ヶ国、1万1000社以上に分散投資することで、世界経済の成長率を上回るリターンを目指している。

■楽ラップ
 楽天証券は、大手ネット証券として初のインターネット完結型の投資一任型運用サービス「楽ラップ」を展開している。アジアで事業を行っている東大発のFintechベンチャー・Finatext社と共同開発した「ロボ・アドバイザー診断ツール」によって、投資スタイルを診断する仕組みだ。

 また、資産運用アドバイザリー・サービスを展開する、世界最大級のコンサルティング会社・Mercerの日本法人のアドバイスに基づいた運用コースの提案、米国最大級の資産運用会社・SSGAの助言に基づいた資産配分のコントロールなど、世界的なプロ集団と協業。手数料は、固定報酬型と成功報酬併用型の2つを用意している。

■SMART FOLIO(スマートフォリオ)
 みずほ銀行が運営する、ロボ・アドバイザーによる資産運用アドバイスのWebサービス。7つの質問でリスク許容度診断を実施し、その結果から資産配分、将来チャートまで即座に示してくれるものだ。

 モデルのポートフォリオが表示されたあと、国内債券から海外株式まで投資資産に応じたファンドを提示。インターネットバンキングのみずほダイレクトで、購入までスムーズに行うことができる。

 仕事が忙しくて投資どころではない人、低コスト低リスクで株を始めたい初心者の人は、有効活用することで資産形成を効率的に行うことができる。ぜひ比較して初めてみてはいかがだろう。

(オオノ・ヨーコ)