江口洋介が声優初挑戦 アニメ映画『ひるね姫』キャスト発表

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『ひるね姫~知らないワタシの物語~』で声優を務める(上段左から)高畑充希、満島真之介、古田新太(下段左から)前野朋哉、高橋英樹、江口洋介 (C)2017 ひるね姫製作委員会

 俳優の江口洋介が、神山健治監督の新作アニメーション映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』(2017年3月18日公開)で声優に初挑戦することが7日、わかった。高畑充希演じる主人公の父親役。岡山弁も披露しており、「初めてのアフレコでしたので、セリフとセリフの間(ま)の取り方や、岡山弁が難しかったですが、後半は慣れて、発声の際の『声の圧』の楽しみ方が分かった気がしました」と話している。

【動画】『ひるね姫~知らないワタシの物語~』特報

 同作は、『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など、重厚な世界設定を駆使して人間ドラマを描いてきた神山監督による、父と娘の感動ストーリー。

 高畑が主人公・森川ココネ、江口はココネの父親・モモタロー、ココネの幼馴染み・モリオを満島真之介が演じ、それぞれ映画の舞台である岡山の方言での演技に挑む。そのほか、モモタローの悪友・雉田を岡山出身の前野朋哉、巨大自動車会社“志島自動車”の取締役にしてモモタローを陥れようとたくらむ渡辺役に古田新太、その自動車会社会長・志島一心を高橋英樹が演じる。

 一日中、眠くて眠くて、家でも学校でもつい居眠りしてしまう女子高生のココネ。2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日、父親のモモタローが逮捕されるという事件が起きる。その謎を解くカギは、彼女が眠るたびにみる妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあるようで…。

 大阪生まれの高畑は「岡山弁でのセリフはとても難しかったです」と苦労をにじませ、「私が演じるココネという役は、さっぱりしていて、タフな女の子。たまに見える弱さも含めて、とてもチャーミングな役です」と役柄を紹介。

 そんな高畑に対して、初共演したという満島は「すばらしいですね。いろいろなことに果敢に挑戦されていますし、ひとつひとつをしっかりとものにしている」と称賛し、“神山ワールド”全開だという同作に参加し「飛び上がるほどうれしかった」と喜んでいる。