栗原類、個性的な“へびシューズ”デザイン「僕の夢」 完成品に大満足

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
個性的な“へびシューズ”をデザインした栗原類 (C)ORICON NewS inc.

 モデルの栗原類(22)が8日、革靴を美しく履きこなせる著名人に贈る『第9回 シューズベストドレッサー賞』を受賞し、都内で行われた授賞式に出席。受賞者は自身がデザインした靴がプレゼントされことになっており、栗原は靴の先端にへびの頭をあしらった奇抜な靴を披露。集まった報道陣をざわつかせた。

【アップショット】栗原類がデザインした個性的な“へびシューズ”

 靴をデザインすることが夢だったという栗原は「一生の思い出になると思ったので、遊び心が効かせて、先っちょにへびをつけてみた。インパクトがあるものにしたかった。僕の夢といっても過言ではない」とうれしそうに説明。完成品には自分でも驚いたといい、「衝撃的で、今年一番の思い出になった。芸術品のよう。100点満点です」と喜んだ。

 栗原の靴に、同賞受賞の俳優・渡辺裕之(60)、タレントの鈴木奈々(28)も興味津々。渡辺は「いいね!」と太鼓判を押し、鈴木はへびの頭を「触らせて」と手を伸ばしたが、栗原が「ダメです」と断固拒否。栗原は来年のパリコレに履いていく予定だと明かし、「パリの街を歩きたい。日本で履くと下手すれば補導されるので…」と苦笑しながら語った。

 同賞はホームページに寄せられた一般からの意見をもとに実行委員らが選定し、受賞者を決定する。今月26日に開催される『第42回靴のめぐみ祭り市』では受賞者によるファッションショーも行われる。