武田玲奈、台湾で見せるしっとり色気のビキニ チャイナドレスにも初挑戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今までにない色っぽさをみせた武田玲奈 (C)阿部ちづる/週刊ヤングジャンプ

 モデルで女優の武田玲奈(19)が、10日発売の『週刊ヤングジャンプ』50号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。台湾旅行をテーマに、ビキニはもちろんセクシーなチャイナドレスにも初挑戦した。

【写真】スタイル抜群のセクシ-水着を披露した武田玲奈

 武田は2015年2月に同誌の"史上最大級の逸材"として初登場にして表紙を飾る破格の待遇でデビュー。その後も今年4月発売の1st写真集『short』がオリコン週間"本"ランキングの写真集部門で1位獲得、女性ファッション誌『non-no』専属モデルに抜てき、女優として映画『暗殺教室』『オオカミ少女と黒王子』やドラマ『ラストコップ』への出演など、目覚ましい活躍をとげてきた

 今年8月以来、3ヶ月ぶりの"ホーム"でのグラビアは、多忙の合間を縫って台湾で撮影を敢行。スラリとした美脚を覗かせたチャイナドレスで大人の色気を感じさせたほか、健康的でセクシーなビキニカット、さらには濡れた髪から艶っぽさを醸し出すカットなどが掲載されている。

 巻末グラビアには、今夏に行われたネクストブレイクが期待されるアイドルグループのエースたちが水着で戦う同誌の人気企画『サキドル エース SURVIVAL』で準優勝だった、アキシブprojectの荒川優那(23)が登場。端正な顔立ちとバスト82・ウエスト58・ヒップ84という抜群のプロポーションで、セクシーな編み上げレオタードやビキニなどを着こなし、グラビアアイドルとしての高いポテンシャルを発揮している。

 巻頭カラー漫画は、石田スイ氏の『東京喰種:re』。連載100回を記念し、全100種の描き下ろしスタンプ風シール付き。