『あずみ』演出家、ヒロミ&松本伊代の息子・小園凌央は「下手」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
舞台『あずみ~戦国編』に出演する小園凌央 (C)ORICON NewS inc.

 タレントのヒロミ&松本伊代の息子・小園凌央が10日、東京・Zeppブルーシアター六本木で舞台『あずみ~戦国編』ゲネプロを行った。あす11日からの本番に向けて、緊張した面持ちで「死ぬ気でけいこをしてきた」と語ったが、構成・演出の岡村俊一氏から「小園は下手です」とバッサリきられ、苦笑した。

【動画】川栄李奈、舞台あずみ演出家が絶賛「教えることない」

 岡村氏は「小園はものすごく下手です。でも、独特な味があって楽しめる。舞台上で成長するのが役目」と期待。厳しさと優しさの混じった言葉に、小園は「毎日今のようなことを言われ続けて、この1ヶ月間でメンタルが強くなりました」と笑顔で、母親役の有森也実は「この初々しさは今しか見られない」とフォローした。

 主演の川栄李奈も「(小園は)天然。初めて接する性格の方」といじるなど、明るいキャラクターで和ませていた小園。両親の来場を聞かれると「母はもしかしたら観に来るんじゃないですかね。父は僕には予想できないです。来てくれたらうれしい」と話していた。

 本番では計500人を斬る川栄は「いい殺陣のシーンがいっぱいある。最後まで頑張りたい」と意気込み。岡村氏は「“アイドル崩れ”と言う人もいるけれど、とんでもない。女優っていうのはこういう感受性のことを言うって、川栄が体現している」と絶賛した。

 そのほか、鈴木拡樹、早乙女友貴、星田英利が出席。11日~27日まで同所にて上演。