鈴木京香、気鋭の映像クリエイターたちにエール「夢を持ち続けて」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
気鋭の映像クリエイターたちにエールを送った鈴木京香 (C)ORICON NewS inc.

 女優の鈴木京香(48)が10日、都内で行われた『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM / FILM2016』最終審査会に登場。同イベントでゲスト審査員を務めた鈴木は「毎回新しい気持ちになって、楽しい時間を過ごせました。ご自分の作りたい作品をあきらめずに、これからも努力を重ねて夢を持ち続けてください」とファイナリストに残った気鋭の映像クリエイター8組にエールを送った。

【写真】気鋭の映像クリエイターたちにエール 最終審査会の模様

 同イベントでは、クリエイターの発掘と育成を目的に「良質な映画企画=名作のタネ」を募集。375企画の中からファイナリストとして8つの企画が選ばれ、最終審査を経てグランプリ、準グランプリ2作品、審査員特別賞1作品の計4作が選出された。

 グランプリには、誰もが憧れるシンデレラの衝撃的なアフターストーリーを描いた渡部亮平さんの『哀愁しんでれら』(仮題)が受賞。鈴木からトロフィーを手渡されると「本当に悔いが残らないようにと思って、すごく頑張ってやっていたので、(特典として)映画が撮れるってことが信じられないです。ありがとうございました」と喜びをかみしめていた。

 選出された4作品には、作品完成のための制作体制のバックアップ、5000万円以上の制作費を準備。さらに、完成した作品は全国のTSUTAYAをはじめ、「TSUTAYA DISCAS」での独占レンタルや「TSUTAYA TV」にて独占配信などが展開される。各受賞作は以下の通り(すべて仮題)。

■グランプリ…渡部亮平さん『哀愁しんでれら』
■準グランプリ…PAUL YOUNGさん『ゴーストマスターズ!-呪いのビデオができるまで-』、金井純一さん『ファンディング・ダディー』
■審査員特別賞…箱田優子さん『ブルーアワー』