【べっぴんさん】新キャスト発表、前田美波里は朝ドラ初出演

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
前田美波里が連続テレビ小説初出演。『べっぴんさん』11月28日~登場(C)NHK

 NHKは9日、放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(月~土 前8:00 総合ほか)の新たな出演者を発表した。主人公・すみれ(芳根京子)が出会う新たな人物を伊武雅刀、前田美波里、中島広稀らが演じる。なお、前田は連続テレビ小説初出演。

ヒロイン・すみれを演じる芳根京子

 戦後の神戸で、夫の帰還を待ちわびながら、仲間とともに子ども服の店を立ち上げたすみれ。11月21日(第8週)以降、店名を「キアリス」に改めたすみれたちは、新しい場所に店舗を移転。姉のゆり(蓮佛美沙子)と夫の潔(高良健吾)は、新商品のPRのためファッションショーを企画する。それから2年後の昭和23年夏、「キアリス」は商品の質の良さが評判となり、多くの客が訪れるようになっていた。そんな中、大手の大急百貨店から「キアリス」の商品を扱いたいという要望がすみれたちのもとに届く。

 伊武は、大急百貨店社長、大島保役で26日から登場。前田は、すみれたちが配布したショップカードを頼りに「キリアス」を訪れる謎の人物、いつ子役で28日に初登場。中島は、潔の紹介でキリアスに住み込み従業員として掃除などの雑用をこなす足立武役を演じる。