上質なおうちカクテルに最適 ワイン用ぶどうを使った高級ジュース

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ワイン用のブドウで作り上げた高級ストレートジュース『ワイナリーの雫』(希望小売価格税抜1800円)

 ボジョレーヌーヴォー解禁やクリスマス、年末年始など、ホームパーティの機会が増えるこれからのシーズンにぴったりな、ワイン用のブドウを使ったストレートジュース『ワイナリーの雫』(希望小売価格税抜1800円)が、デルモンテより発売されている。

<写真>種類はカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローの2種類

 近年ワインの名産地として人気が上昇しているチリ産のワイン用ぶどう果汁を使っている同商品。濃縮せずにそのままビン詰めしているため、ワインのような深みのある色合いやタンニンの渋み、芳醇な後味も堪能できる点が特長。種類はカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローの2種類で、それぞれの"ぶどうの個性"と違いを確かめてみるのも大人の楽しみ方。

 ワインはぶどうの糖分が発酵しアルコールが作られているため、ワイン用のぶどうは糖度が高いとか。同商品も一般的なグレープジュースと比較すると約2倍の糖度。そのままぶどう本来の甘さを堪能してもいいけれど、スパークリングワインと合わせてキールロワイヤル風に楽しんだり、ラムとクラッシュドアイスを組み合わせてフローズンダイキリを楽しんだり...といった、カクテルへの活用も。色合いや風味が上品なので、お酒が飲めない人はジンジャーエールと合わせてキティ風に楽しむなど、ノンアルコールカクテルに使ってもよさそう。

 同商品はキッコーマン通販サイト、amazon.co.jp、一部百貨店・スーパーマーケットなどで販売。