チョン・ウソン、チュ・ジフンらが共演『アシュラ』 来年3・4公開決定

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『アシュラ』に出演する(左から)ファン・ジョンミン、チョン・ウソン (C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

 韓国の俳優チョン・ウソンが主演する映画『阿修羅(原題)』の邦題が『アシュラ』に決定し、2017年3月4日に日本公開することがわかった。

映画『アシュラ』韓国版ポスター

 同作は、架空の都市"アンナム市"を舞台に悪徳市長とその悪徳市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描く。『MUSA -武士-』(01年)のキム・ソンス氏がメガホンをとる。

 映画『私の頭の中の消しゴム』(04年)で知られるウソンは、病気の妻を持つ夫であり、治療費のために市長の悪事を処理しながら悪人の道に入り込んだ不正刑事ハン・ドギョン役。

 ハン・ドギョンを利用し利権と成功のために犯罪に手を染める強欲な悪徳市長パク・ソンベ役を『ベテラン』(15年)のファン・ジョンミン、ドギョンへの義理から悪徳市長の手下となり悪に侵されていく若き刑事ムン・ソンモ役をドラマ『宮 -Love in Palace-』(06年)などに出演してきたチュ・ジフンが演じる。