上川隆也主演「佐方貞人」シリーズ第3弾 新パートナーは本仮屋ユイカ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
上川隆也主演、佐方貞人シリーズ第3弾『検事の本懐』12月3日、テレビ朝日系で放送。新パートナーは本仮屋ユイカ(C)テレビ朝日

 俳優の上川隆也と、女優の本仮屋ユイカがテレビ朝日系ドラマ『ドラマスペシャル 検事の本懐』(12月3日 後9:00)で共演することがわかった。

本仮屋ユイカが包丁をプレゼントした実妹・リイナ

 作家の柚月裕子氏の人気小説「佐方貞人」シリーズを映像化する第3弾。ヤメ検弁護士の佐方貞人が殺人事件の真実を暴いた『最後の証人』(2015年1月放送)、検事時代の佐方が痴漢冤罪事件の真相を明らかにした『検事の死命』(16年1月放送)に続き、上川が信念の男・佐方を熱演する。その相棒となる東京地検の事務官・加東栞を本仮屋が演じる。

 今回は、米崎地検検事の佐方と同僚の庄司真生(松下由樹)は、東京地検特捜部の応援に駆り出され、前作『検事の死命』にも登場した大物政治家・大河内定和が絡んだ贈収賄事件の真相に迫っていく。さらに、罪を背負ったまま獄中死した佐方の父・陽世の秘められた真実が解き明かされ、佐方の人間としての本質、検事としての矜持が育まれた背景も描かれる。

 「犯した罪はまっとうに裁かれなければならない」という信念を貫く硬骨のヒーロー・佐方を三度演じる上川は「どんな作品でも演じ終わった時に後悔の無いようにと心がけています。続編を期待する事はありません。だからこそ、同じ役で改めてオファーをいただけた時の感慨は、新しい役に巡り会う時のそれとはまた趣の違う、何ともいえない喜びを感じます」とコメント。

 求められての3作目に「1作目、2作目をご覧になった方はもちろん、初めてご覧になる方にも楽しめる、極上のミステリー作品となることは間違いないと確信しています」と自信を見せる。

 1作目では倉科カナ(新人弁護士)、2作目では志田未来(検察事務官)が演じた、"佐方に振り回されるパートナー"を務めた本仮屋は「"この時代にこんな人がいるんだ!"という格好良さと、観終わった後の爽快感が見どころ。その佐方に感化され、変化していく加東にも注目していただけるとうれしいです!」とアピールした。

 今回の撮影は京都で行われたが、本仮屋にとっては初めての経験となり、「とても新鮮で、まるで違う国にやって来たような驚きと発見がありました。また、大親友の貫地谷しほりちゃんが別の撮影で京都に来ていたので、一緒に食事に行くことができて、とても癒されました。撮影の合間に京都の町に出て、包丁を買いました」と京都暮らしを満喫。今年5月に結婚し、第1子を妊娠中の実妹で、東海テレビの本仮屋リイナアナウンサーに包丁をプレゼントしたことなども話していた。