妻夫木聡、お尻強打でスタッフに恨み節「何かの刑にしてやろうかな」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『ミュージアム』初日舞台あいさつに出席した妻夫木聡 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の妻夫木聡が12日、都内で行われた映画『ミュージアム』初日舞台あいさつに出席。同作でカエルのマスクをかぶった殺人鬼・カエル男を演じた妻夫木は、視界が悪いまま進んだ撮影でお尻を強打したが、痛みをスタッフに理解してもらえなかったと振り返り、「何かの刑にしてやろうかなってくらい殺意を覚えました」と冗談めかして笑わせた。

【写真】ハグのサービスで会場を沸かせた野村周平

 妻夫木は、「廊下が続いていると思ってダッシュしてカメラに突っ込んでしまって、お尻を強打した」と苦笑し、「子どもの頃にスネをぶつけて『うっ』て声が出なくなるような状態だったけれど、何やっているんだってみんな笑っていたんですよ。スタッフのみんなにかぶってもらいたかった」と恨み節だった。

 同作は、巴亮介氏の人気漫画を実写映画化。現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。

 メガホンをとった大友啓史監督は「小栗くんならやるって引き受けた」と信頼を寄せ、「クライマックスの限界ギリギリの芝居は、興奮して撮っていました」とアピール。小栗も「渾身の一作ができあがった」と胸を張った。

 そのほか、尾野真千子、野村周平が出席。選ばれた観客と握手する時間もあり、自身のファンと知った野村はハグをするサービスで沸かせていた。