あの人気キャラがバルーンや編み物に? 『東京防災』イラストレーターら12人によるアート展

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2017年のドコモダケカレンダーに参加している編み師203gow氏

 東京都が配布し話題を集めた防災ブック『東京防災』にイラストで参加したイラストレーター・岡村優太氏やバルーン・アーティストの細貝里枝氏とグラフィックデザイナー・アートディレクターの河田孝志氏によるユニット・DAISY BALLOONなど、国内外で活躍するアーティストたちが参加したNTTドコモのキャラクター「ドコモダケ」のカレンダーアート展が開催される。

【写真】『東京防災』岡村優太氏が手がけた5月のカレンダー

 2017年度のドコモダケのカレンダーは、各界で活躍するアーティスト12人とコラボレーションするというユニークな試みを行った。先述のイラストやバルーンアートのほか、「シュガーケーキ」や「アイシングクッキー」といったシュガークラフトで知られるTHUMB AND CAKE氏、編み物作品「へんなあみもの」を制作している編み師203gow氏、刺繍作家のまるやまあさみ氏など、様々な分野からの視点でドコモダケの魅力を表現。アート作品としても楽しめるカレンダーとなっている。

 そこで、今回、東京・ドコモショップ丸の内店に併設されているドコモラウンジにて、カレンダーを実際に見て、体験できるアート展を開催。カレンダーデザインの展示、カレンダーに採用されたモチーフや実物の展示に加えて、各アーティストのオリジナル作品なども展示。また、DAISY BALLOONによる大型バルーンや編み師203gow氏制作の撮影スペースなど、参加型企画も実施し、日本のアートの今、気鋭のアーティストたちの熱量を身近に感じられるイベントとなっている。

 開催期間は2016年11月11日(金)~23日(祝日/水)(20日は休館日)。期間中、アンケートに答えた先着5000人に2017年ドコモダケカレンダーを配布するほか、ドコモダケのオリジナルアイシングクッキーを配布するSNSとの連動企画なども行われる予定。