太田光、母・瑠智子さんは「最期までかっこいい」 喪主あいさつで“ボケ”も

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
喪主を務めた息子の太田光 (C)ORICON NewS inc.

 今月8日に肺気腫による呼吸不全のため都内の病院で亡くなったお笑いコンビ・爆笑問題の太田光(51)の母親、太田瑠智子(るちこ 享年83)さんの告別式が14日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。喪主を務めた太田は弔問客と報道陣を前に「僕は母から弱音、弱気、人の悪口、痛いとかつらいとか聞いたことはなかった。強い母だった」と振り返った。

【写真】相方・田中裕二や古舘伊知郎も参列

 瑠智子さんが倒れた日、撮影があった太田は病院に向かうと医師から「もう長くはないかもしれない」と告げられたという。その時も、呼吸がつらそうだったので太田が「つらい?」と聞くも、瑠智子さんは首を横に振ったという。「明け方5時にロケに行かないといけなかったが、4時直前に脈が下がった。慌てて『愛の賛歌』が好きだったのを思い出した。『愛の賛歌』と『バラ色の人生』の2曲を聴いて、ぴったり2曲聴き終わった時に心臓の数値がゼロになった。惚れぼれするような死に様だった」と明かした。

 太田は「あと1時間ズレていたら死に目に会えなかった。もしかしたら分かっていて合わせてくれたのかな。最期までかっこいいと思った。そして死ぬ時は死ぬと母に教わった気がします」と母に感謝。また、喪主のあいさつの前には「ドナルド・トランプです」といい、最後も「ドナルド・トランプでした」と締め、相方の田中裕二(51)からツッコみを受けていた。母との最期の別れで、笑いを届け、芸人の姿をみせていた。

 きのうの通夜、きょうの告別式には計300人が訪れ、瑠智子さんと最期の別れを惜しんだ。告別式には瑠智子さんが入っていた合唱団の練習テープのほか、出棺時には「愛の賛歌」がBGMとして使用された。太田の妻で所属事務所社長の太田光代、相方の田中の妻でタレントの山口もえのほか、古舘伊知郎、テリー伊藤、安住紳一郎アナウンサー、事務所の後輩である日本エレキテル連合、長井秀和らが参列した。