瑛太、舞台で歌声初披露 クドカンも絶賛「期待して!」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『サンバイザー兄弟』フォトコールに登場した(左から)瑛太、増子直純(撮影:引地信彦)

 俳優の瑛太が13日、東京・池袋のサンシャイン劇場で行われた舞台『サンバイザー兄弟』の公開フォトコールに出演。宮藤官九郎が作・演出を務める同舞台で歌声を初披露した。

【写真】フォトコール、会見の模様

 劇団「大人計画」とパルコが共同プロデュースする「大パルコ人」の第3弾で、宮藤が作・演出を手がけるオリジナルロックオペラシリーズ。今作は年号が「素敵」となった2033年の池袋が舞台で、歌のうまいヤクザ・サンバイザー兄弟の「兄弟愛」や「父娘愛」を怒髪天・上原子友康のオリジナル楽曲にのせて描く。

 ライブ経験があるものの、出演舞台で熱唱するのは初めてだという瑛太。その歌声には宮藤が「瑛太君の歌も期待していただければと思います。他のことを考えながらでも、何も考えなくても楽しめる作品ですし、生ライブのシーンが多いのでぜひ劇場で観てください」と太鼓判。本人も本番を直前に控え「宮藤さんが書かれた作品に出演したことはあったのですが、演出は初めてでけいこから楽しくて、きょうの初日を前にワクワクしています。お客さんの反応が楽しみです」と期待に胸を膨らませた。

 劇中では、ロックバンド・怒髪天のボーカル増子直純と兄弟役で「(増子と)控え室が一緒で、増子さんがアイパーをセットしている横で、いただいた自叙伝を読みながら“果てしない人だな”と思いました」と印象を語った瑛太。破天荒な作風に負けず劣らずのキャストが集結し「出てくるキャラクター全員がバカで、こんなに面白い作品は観たことがありません。“これを観ないで何を観るんだ!”というくらい気合いが入っています!」と確かな手応えをにじませた。

 「32年間バンドをやっていますが舞台は初めて」と明かした増子は「安請合いをしてはいけないなと身にしみています」とジョークを交えて笑いを誘うと、普段のバンド活動とはまた違う空気感に「舞台は大人数でバンドを組み直してアルバムを作る感じで楽しいです。いっぱいいっぱいになっていても、生暖かい目で見ていただければと思います」と充実感をのぞかせ、ファンへ呼びかけた。

 フォトコールにはそのほか、三宅弘城、皆川猿時、清野菜名、少路勇介、よーかいくん、篠原悠伸、上川周作、りょうが出演。極道の妻を演じるりょうは、着物姿で登場し「今回初めてピアノを演奏したり、歌を歌ったり、普通のお芝居と違う事をしているので苦労しましたが、けいこでやってきた事を信じて、皆さんに喜んで頂けるよう頑張ります」と気合十分に語った。

 同舞台は、きょう13日から12月4日まで同所、8日から18日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、21日から23日まで仙台・サンプラザホールにて上演される。