窪田正孝VS竹内涼真がファイトクラブで激戦!? 『ラストコップ』第7話予告公開

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本テレビ系連続ドラマ『ラストコップ』第7話に出演する(左から)窪田正孝、竹内涼真 (C)日本テレビ

 俳優・窪田正孝と竹内涼真が19日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ラストコップ』(毎週土曜 後9:00)第7話に出演。このほど公開された予告公開では、ともに若手刑事役であるにも関わらず、なぜか上半身裸にボクシングミットを装着し、リング上で向き合う2人の姿が...。互いを殴り合うアクションシーンはもちろん、その真剣な表情にも注目だ。

【動画】福原遥、メイド姿披露

 同ドラマは30年の昏睡状態から目覚めた昭和の熱血刑事・京極浩介(唐沢寿明)を主人公に、彼の相棒で現代っ子の若手刑事・望月亮太(窪田)が破天荒に事件を解決していく。また、すでに発表されたとおり、今回は同局連続ドラマ『レンタル救世主』(毎週日曜 後10:30)から沢村一樹と福原遥がゲスト出演。秋葉原のメイド喫茶にやってきた京極と望月をラブリーなエプロン姿の2人が迎える。

 第7話では神野(小日向文世)と清美(マギー)の密会現場を目撃した若山(竹内)が上司の秘密を知ったために出世できなくなるのではないかと心配になり、望月に相談。悩みを聞き付けた京極は神野の正体を暴こうと、望月、若山とともに神野を尾行する。神野が向かったのは、六本木のクラブ。その店「リアルマンティス」は、格闘家を戦わせて賭博を行う違法の"ファイトクラブ"を開催する場所だった...。