後輩と飲みに行ったら、あなたはおごる? 割り勘? 【世代別直球インタビュー】

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
後輩に一晩でおごった最高額を告白(C)ORICON NewS inc.

 あなたは、会社の後輩や年下の異性と飲みに行った時、お勘定をどうしますか? 「おごる」か? 「割り勘」か? 20代から40代の男女に街頭インタビューしてみた。

【動画】街で聞いた、あなたの「おごる」ポイント

 「下の者にはおごります」と即答してくれたのは、学生時代に野球部に所属していた20代男性。社会に出てからも、先輩後輩の固い絆は続いており、その流れを踏襲している。そんな彼の横にいた30代男性の先輩は「今まで最大で34万円払いました」と豪傑おごりっぷりを告白してくれた。その他の男性でも、「先輩の威厳を見せたいから」(20代/男性)、「年齢に関わらず、女性にはおごります」(20代/男性)という答えが聞かれた。

 一方、女性側では「おごりのポイントは後輩次第」(30代/女性)という答えがでた。後輩の生活態度が良く、自分への貢献度が高いことが「おごる」というご褒美へとつながるようだ。男女それぞれ、先輩という立場で「おごる」という義務を果たしているようだが、女性は特に、ごちそうを受ける側の謙虚な気持ちをしっかりと判断してから、「おごる」かどうかの選択を行うようだ。