大坂冬の陣目前 『ブラタモリ』で"真田丸スペシャル"

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
11月12日放送、NHK総合『ブラタモリ』は大坂で“真田丸スペシャル”(C)NHK

 NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、大坂冬の陣を目前に、いよいよ佳境。きょう12日放送のNHK総合『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30~20:15)でも、"真田丸スペシャル"と題し、大坂城が難攻不落だった理由を、絵図や地形をもとにさまざまな角度から徹底的にひもといていく。

タモリは「真田丸探し」をスタート

 豊臣秀吉が天下統一の拠点として築いた大坂城は、当時"日本で最も堅固で難攻不落の城"と呼ばれた。1614年の大坂冬の陣では、"真田丸"という出城を築き、徳川の大軍を撃退した事でも知られる。いまでは年間230万人が訪れる観光名所となっている大坂城だが、実は"秀吉の大坂城"ではなく、豊臣家が滅亡した後に徳川家がつくったもの。

 しかし、城内にたった1ヶ所だけ"秀吉の大坂城"の痕跡を見に行くタモリと近江友里恵アナウンサー。地下深くに眠る太閤の遺産を目にしてタモリも大興奮だった。大坂城の北、京橋駅の近くにある一見普通の道路は、実は大坂冬の陣の激戦地。地形を上手く利用した、驚きの戦い方が明らかになる。さらに今年発見されたばかりの真田丸の絵図を手に、タモリは「真田丸探し」をスタート。高低差に注目しながら歩くと、謎に包まれた真田丸の姿が浮かび上がってくる。