栗山千明、1人2役「本当に難しい」 米国のロマンス小説をドラマ化

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NHK総合のドラマ『コピーフェイス~消された私~』11月18日放送スタート(左から)玉置玲央、栗山千明、佐藤隆太、芦名星(C)NHK

 女優の栗山千明が11日、大阪市内のスタジオでNHK総合のドラマ『コピーフェイス』(18日スタート、毎週金曜 後10:00)の撮影中、取材に応じた。スクープを追う週刊誌記者の広沢和花(栗山)が、飛行機事故をきっかけに、まったくの別人の朝倉芙有子として身分を偽り、生きることになるラブサスペンス。

【画像】セレブ妻らしいセクシーなファッションに期待

 ヒロインの和花と芙有子の2役を演じる栗山は「最初にお話をいただいた時は、2役は難しそうだなぁと、チャレンジだなぁと思いながら実際、台本を開いたんですけれども、本当に難しいながらも、スタッフのみなさん、キャストのみなさんに支えられながら、おもしろく、私自身本当に楽しく演じることができています」と話した。

 原作は、アメリカの"ロマンス小説の女王"と呼ばれる作家サンドラ・ブラウン氏の『コピーフェイス~消された私~』(新潮社)。ブラウン氏が得意とする男女の恋愛を書いた物語の中でも、サスペンス色が強い作品となっている。

 事故のショックで記憶を失った和花は、しばらく自らを「芙有子」と信じて生活するが、彼女が全ての記憶を取り戻した時、彼女はすでに、"他人の夫"を愛してしまっていた、という展開。愛のため、他人の人生を生きるのか? 正義のため、自分の人生を取り戻すのか? 次々に襲い掛かる困難にめげず、愛と正義を追い求めるヒロインがたどり着く先は?

 芙有子の夫で、大手の美容外科『朝倉クリニック』の若き理事長、・朝倉柊二を演じるのは佐藤隆太。朝倉クリニックで働く看護師長・三島奈那子に芦名星、柊二の弟で朝倉クリニックの院長を務めるカリスマ美容外科医・朝倉洋人に玉置玲央らが共演する。