欅坂46、京都市と強力タッグ アプリ「Hello KYOTO」とコラボ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
門川大作京都市長を表敬訪問した欅坂46

 アイドルグループ・欅坂46が、京都市の観光情報などを発信するスマートフォン用アプリ「Hello KYOTO」の応援アーティストに就任し、11日、メンバー10人が門川大作京都市長を表敬訪問した。

【画像】欅坂46×京都市営地下鉄の周知ポスター

 今月21日からは京都市営地下鉄駅構内を中心に、欅坂46とコラボレーションした地下鉄の金曜日限定深夜便「コトキンライナー」の終電延長周知ポスターを掲出。「Hello KYOTO」アプリ内のAR機能でコラボポスターを読み込むと、メンバーのスペシャル動画を見ることができる。

 京都市役所には、織田奈那、小池美波、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、原田葵、平手友梨奈、守屋茜の10人が訪れ、門川市長は「『Hello KYOTO』は若い世代の方への情報発信の強化や京都ファンの拡大を目指しています。今最も勢いのある女性アーティストグループの一つである欅坂46の皆さんのお力をぜひお貸しいただき、京都を盛り上げていただきたい」と期待した。

 メンバーを代表して菅井は「京都の方はもちろん、京都以外の方や世界中の方々にもっともっと京都のよさを知っていただけるお手伝いができるように頑張りたい」と意気込んでいた。