クミコ、改名のきっかけはイチロー? "名字"とったら売れた

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新曲「さみしいときは恋歌を歌って/恋に落ちる」CD購入者イベントを開催したクミコ

 歌手のクミコ(62)が12日、新曲「さみしいときは恋歌を歌って/恋に落ちる」(9月7日発売)のCD購入者イベントを都内で開催。ゲストとしてイベントに参加した作詞家・松本隆氏(67)からは、クミコの芸名を「高橋クミコ」から改名した際のエピソードが明かされた。

【写真】ゲストの松本隆氏と語り合うクミコ

 2000年9月、当時46歳だった「高橋クミコ」は松本氏によって見出され、松田聖子以来となる女性歌手をプロデュースしたアルバム『AURA』(同年)をきっかけに「クミコ」へと改名。その後、2010年に「INORI~祈り~」で第61回NHK紅白歌合戦に出場、15年にはつんく♂プロデュースの「うまれてきてくれて ありがとう」がレコード大賞・作曲賞に輝くなど、ブレイクを果たした。

 松本氏は「名前が地味なんじゃないのって言って、高橋ってどうしてもいるの? って聞いたら『別れた亭主の名前だ』って言うから、そんなのとっちゃえって」と当時のやりとりを振り返り、「ちょうどイチローが出ててね、覚えやすい方がいいと思って。それで売れたんです」と当時メジャーリーグで活躍し始めたイチローにあやかって改名したことを明かした。

 新曲「さみしいときは~」では、まさに「改名」以来16年ぶりに松本氏とタッグを組んだクミコ。「このまえ、16年前の松本さんの映像を見まして、とても若く、青年だったんだなと言う感じがして、今の方がいいので、年を重ねるっていいことなんだなと言う感じがしました」と長い時を経ての松本氏との再会に喜びをかみしめていた。

 イベントではギターの伴奏で「さみしいときは~」を披露したほか、「Woman"Wの悲劇"より」や「チューリップ」など松本氏の楽曲計5曲を歌唱。応募抽選で選ばれた100名のファンを楽しませた。