山里亮太、オリラジ中田の戦略暴露「『PERFECT HUMAN』のパロディーがダメ」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
南海キャンディーズ・山里亮太 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、13日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。ヒット曲「PERFECT HUMAN」でNHK『紅白歌合戦』への出場を宣言しているオリエンタルラジオの中田敦彦の戦略について、チクリと口撃した。

【動画】オリラジが「PPAP」人気に対抗心 紅白初出場の公約宣言も

 MCの東野幸治から、オリラジの活躍について「同世代の芸人としてどう思う?」と聞かれた山里は、「思うところがありまして。あの人(中田)はスゴい策略家だから、本人の意向で『PERFECT HUMAN』のパロディーがダメなんですよ。しちゃいけない。それは、マネされると飽きるスピードが早くなって、紅白の頃には飽きられちゃうという計算ができてるんです」と中田の戦略を暴露。

 続けて「じゃあちょっと待って。誰かがマネすると飽きられるというルールをわかってるあなたが、なぜ8.6秒バズーカーのマネをあんなにしてたのかな、と思う」と、柔らかな言葉ながら鋭く指摘した。

 後輩に向けた厳しい言葉だが、山里は「東野さん、これはお酒の席で話したことです」と、元々はプライベートでのオフレコトークだったことを告白。東野は「意見として聞いただけ」と返すと、山里は「意見としては、紅白に出られるといいですね」とマイルドにまとめた。