河北麻友子、自慢の美髪認められ喜び 11歳から髪型変わらず「ここまできた」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『ベスト スタイリング アワード 2016』を受賞した河北麻友子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の河北麻友子(24)が15日、理美容に大きく貢献した著名人に贈られる『ベスト スタイリング アワード 2016』の「20代女性部門」に選出され、横浜アリーナで行われた授賞式に出席した。トロフィーを受け取った河北は「11歳の時から髪型が変わらずここまできているので、ヘアーに関する賞をいただいてうれしく思います」と笑顔を浮かべた。

【動画】河北麻友子、ベリーショート宣言飛び出す

 美髪の秘訣は「とにかくロングなので、傷んだりしたらこまめに切ったり、普段からアイロンとかあててしまうので、なるべくお家でケアを頑張っています」といい、同賞を受賞したモデル・三吉彩花(20)が、40センチ髪を切ったことで話題のボブヘアーを見ると「三吉ちゃんのチェンジを見ると髪を切りたくなっちゃいます。いつかベリーショートにしてみたい。次は30歳くらいになったら切りたいですね」とイメージチェンジを宣言した。

 また、絵に描いたようさわやか好青年として人気が高く、若い世代から“最高の好印象ヘアー“と注目を浴び「20代男性部門」を受賞した俳優の竹内涼真(23)は「普段さわやかでいなきゃいけないのかなっていうプレッシャーはあります」と恐縮しつつも「(さわやかさは)内面から出るもんですかね~」とほほえみ笑わせていた。