『ハイキュー!!』烏養繋心役 田中一成さん後任に江川央生

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
脳幹出血のため先月10日に亡くなった声優の田中一成さん

 先月10日に脳幹出血のため49歳で亡くなった声優の田中一成さんが務めていた、アニメ『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』の烏養繋心(うかい・けいしん)役を、第9話より声優・江川央生が担当することが14日、アニメ公式サイトで発表された。

■江川央生のプロフィール

 烏養繋心は、主人公の日向翔陽が通っている烏野高校バレーボール部のOB。現在はコーチとなり後輩を指導しているキャラクター。放送中のアニメ第3期では、春の高校バレー全国大会出場を目指す烏野高校と、強豪・白鳥沢学園高校との宮城県大会決勝での激闘を描いている。

 満仲勧監督は「とても難しい役であったと思いますが、こちらの要求に対してとても実直に対応してくださり、一成さんの遺志を受けついだ繋心ができあがったと思います」とメッセージ。「きっと一成さんも満足していると思います」と記し「江川さんで良かった。そう思える繋心になっていると思うのでみなさん期待していてください」と呼びかけている。

 田中さんは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(オーソン・ホワイト)、『銀魂』(カトケン)、『地獄先生ぬ~べ~』(木村克也)、『コードギアス 反逆のルルーシュ』(玉城真一郎)の声をはじめ、洋画の吹き替えやナレーターとして活躍した。

 後任の江川は、田中さんと同じ青二プロダクションに所属し、『NARUTO』(キラービー)、『機動戦士ガンダムAGE』(ザナルド・ベイハート)、『犬夜叉』(銀骨)、『銀魂』(西郷特盛)、『BLEACH』(シュリーカー、胴元)などの声を務めている。