日本初ドルビーアトモス対応スマホ、映画館で体験イベント 音にこだわる若者に好評

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画館と同じドルビーアトモスを日本で初めて採用したハイエンドスマホ「AXON 7」

 日本で初めてドルビーアトモスを搭載し、ハイレゾ音源にも対応したSIMロックフリースマートフォンのハイエンドモデル「AXON 7」(ZTEジャパン)体験イベントが19日、神奈川・ラゾーナ川崎109シネマズにて行われた(20日まで開催)。映画館と同じドルビーアトモスを採用したハイエンドモデルをいち早く体験できる同イベントには、映画を観に来ていた多くの人たちが集まっていた。

【写真】イベント会場での「AXON 7」デモ映像

 デュアルスピーカーによる迫力あるステレオサウンドが楽しめる「AXON 7」は、映画館やホームシアターなどに広く導入されているドルビーアトモスを日本で初めて採用。響きわたるボーカルや繊細かつクリアな演奏など、立体感のあるシアターレベルのサラウンド音が味わえるのが特徴だ。

 実際に試してみようと、まずはハイレゾ音源専用のヘッドフォンを「AXON 7」に装着し、デモ映像をスタート。すると森林の美しい映像に合わせて、木々の葉が揺れる音や、鳥が羽ばたき左右に移動していく音が鮮明に聴こえてくる。さらに雷の音が体中に響いたり、雨の音が360度ぐるっと体の周りを取り囲んでいるかのような今まで体感したことのないリアルなサウンドに驚かされた。

 まるで映画館で映画を観ているような臨場感を味わえる。また、スマホの液晶画面の両サイド(上下部分)にデュアルスピーカーが搭載されているため、専用のヘッドフォン無しでも十分立体感のあるサウンドを楽しめるようになっている。

 映画を観に来ていた19歳の男性にハイレゾ音源を体感した感想を聞いてみると、「音がすごく良くてビックリしました。ぜんぜん違うんですね。よくスマフォで動画を観ているので、こういった立体的なサウンドを楽しめるのは魅力的です」と満足げな表情で答えてくれた。

 最近はハイレゾ音源で音楽を聴くこだわり派も増えており、とくに音楽好きの若い世代でスマートフォンで日常的に音楽を聴く人たちに多い。そういったユーザーたちの間でまさにこれから高まっていくであろうニーズに応えていく商品になりそうだ。とことん音にこだわって他のスマートフォンとの差別化をはかったという「AXON 7」は、音楽や映画の新たな楽しみ方を提示してくれている。