木村佳乃、総額1億1千万ジュエリー&ドレスにご満悦「身が引き締まります」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
総額1億1千万ジュエリー&ドレスを身に着けて登場した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.

 女優の木村佳乃が16日、東京・駐日英国大使館で行われたNETFLIXオリジナルドラマ『ザ・クラウン』ジャパン・アンバサダー就任イベントに出席。英国王室御用達ジュエリーブランド・モニッケンダムの総額1億1千万円のティアラ、イヤリング、ネックレスと、英国を代表するデヴィッド・フィールデンのドレスを身に着けて登場した。

【全身ショット】デヴィッド・フィールデンのドレスで登場した木村佳乃

 「とても身が引き締まります。ロイヤルブルーのたすきが気に入っていて、たすきがあるだけで品格があがる」とご満悦。同席したティム・ヒッチンズ駐日英国大使も「本当に綺麗。私のバッキンガム宮殿時代が蘇ってくる」とほれぼれとしていた。

 全世界同時オンラインストリーミング中である同作は、いまなお絶大な影響力を持つエリザベス女王の知られざる素顔を浮き彫りにしていくヒューマンドラマ。英国ロンドンのキングストン生まれで3歳までその地で育ったという木村がジャパン・アンバサダー就任した。「(英国生まれ)だから選んでいただんですよね? 生まれた土地なので親近感はございます」とうれしげに話した。

 公務と家庭で多忙な日々を送ったエリザベス女王と自身を重ね合わせ「女王と比べるなんて…」と恐縮した木村だったが「仕事がすきなので仕事場では仕事、おうちに帰れば母ときっぱり分けて両方を引きづらないようにしています」と両立の秘訣を明かしていた。