中居が明かす“デレステ”CM裏事情? 自ら「おじさん」宣言も

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
中居にヒゲの濃さを指摘され、脱毛していることを明かしたりゅうちぇる (C)ORICON NewS inc.

 15日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、中居がCMのギャランティーと年齢に関する現実的な視点を披露し、笑いを取る場面があった。

【画像】りゅうちぇる風? 中居のCM衣装

 この日の放送は、40代のあるあるネタを語り合う“居酒屋40題”。冒頭、中居に「今日のファッション、立って見せて」と指名された若者代表ゲスト・りゅうちぇるが、「海に潜って出られないエアロビボーイです!」と自己紹介すると、中居は「ハロウィンでも、我々はこの格好はできないですよね」と小島慶子、中田有紀、田中律子、デーブ大久保ら40代ゲストと笑いあった。

 しかし、りゅうちぇるは「でもさ~、中居さんCMでやってるじゃん!」と、中居が『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』のCMで着用している80年代アイドル風衣装が、原宿ファッションコスプレでもあると指摘。すると中居は「……そうだねえ、あれはコマーシャルでいつもより大きなお金が動いているからできるんじゃないかな」と悪い顔で応じた。さらに、「まとまったお金もらえて、CMでこの格好だったら?」と40年代軍団に尋ねた中居。彼らに「それはやるよねえ」とあっさり翻意させて笑いを誘うなど、相変わらず仕切りとしての実力を見せていた。

 その一方、中居は自身が年齢を感じたエピソードも披露。観ていたテレビを消したあと、画面に反射した自分の顔に「あ、おじさんなんだ……!」と衝撃を受けたという話を語り、「メガネと、(髪の毛の)パサパサな感じと(肩が落ちて)なで肩になっているあの感じ……あれが本来の姿なんじゃないかな」と冷静に自己分析。さらに、10秒間に何回「カ」を言えるかという“口年齢テスト”でも80代という診断が出た中居は、その通りおじいちゃんのように口をもごもごさせていた。
(文/坂戸希和美)