ジャニーズWEST中間、“原宿の神様”の手でファッションチェンジ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
MBS毎日放送『ナミノリ!ジェニー』(毎月第3金曜日 深夜0:20※関西ローカル)第2回で中間淳太から密着取材を受けるロザッチ(右)とゆうたろう (C)MBS

 人気グループ・ジャニーズWESTによるMBS毎日放送『ナミノリ!ジェニー』(毎月第3金曜 深0:20※関西ローカル)第2回が18日に放送される。さまざまな業界の常識を根底から覆す若き“ジェニー”(フランス語で天才の意)たちの仕事場やプライベートを訪れたメンバーたちがその秘密に迫る同番組。今回は原宿の神様と呼ばれるファッション界のカリスマ・ロザッチさんを中間淳太が、現役女子大生社長・椎木里佳を濱田崇裕が密着取材する。なお、月替りMCは藤井流星が務める。

【写真】第2回で濱田崇裕から密着取材を受ける椎木里佳

 現在、入店まで7時間かかるという古着屋『サントニブンノイチ』のオーナーを務めているロザッチさん。これまで私服に費やした費用は1億円をくだらないそうで「僕は1億円分の失敗をしてきた。その経験を伝えたい」と、お客さんの服装にも遠慮なくダメ出しする」「カリスマ店員しか店に立たせたくない」などこだわりを明かす。そんなロザッチさんに見出されたカリスマ店員が中性的な魅力でテレビ出演もしているモデル・ゆうたろうで「昔は怖かった」というロザッチさんの破天荒な武勇伝も明かす。そんな『原宿の神様』の手によって中間が原宿系ファッションを披露することとなる。

 濱田が訪ねたのは中学3年生で起業し、今や18歳にして年商数千万円を稼ぎ出す会社を経営する椎木。『秘密結社鷹の爪』などを手がける『株式会社ディー・エル・イー』を起業した椎木隆太さんを父に持ち「親の七光り」と悪口を言われても意に介さないタフな哲学な椎木に、「俺にはとても無理やわ」と濱田は思わずため息。番組では椎木が率いる女子中高生たちに、濱田のイメージと、これからどうすればもっと輝けるかを訊いてみることに。女子中高生たちの生の声と濱田の反応にも注目だ。