静岡・下田に単身移住の野村宏伸、生後5ヶ月の愛娘をテレビ初公開

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日系『イチから住~前略、移住しました~』11月20日放送分から、俳優・野村宏伸の静岡県下田市篇がスタート。妻と電話で話していると…(C)テレビ朝日

 タレントや芸人、俳優が縁もゆかりもない地方に移住、その田舎暮らし体験に密着するテレビ朝日系リアル・ドキュメント・バラエティー『イチから住~前略、移住しました~』(毎週日曜 後6:30)に出演するため、妻子との別居を決めた俳優・野村宏伸。移住生活の模様は20日から放送されるが、その中で愛娘の桃子ちゃんの写真が初公開されることがわかった。

下田で地方移住への憧れを語る野村宏伸

 野村は、2015年5月に15歳年下の省子さんと再婚。今年6月に娘が生まれたことを「新しい家族が増えました!」と自身のブログでファンに報告していたが、同番組のオファーを「今後の勉強になる絶好のチャンス」と受けることを決断。数年前から田舎暮らしに憧れを抱いていたとはいえ、日々成長していく娘から一時的にでも離れることは、唯一の心残りだったという。

 下田では、物件めぐりからスタート。“目の前に海が広がる平屋”“4LDKオール電化のエコ住宅”“天然温泉が湧き出る露天風呂付物件”を見てまわった後、物件の画像を送って、妻・省子さんに電話で相談。野村は「やっぱり海が見えるっていうのは、すごく気持ちいいんだよね。何物にも代えがたい、お金では買えないようなロケーション!」と、海の見える物件が気に入った様子だったが…。

 電話口の省子さんは「ロケーションは海だけど、物件は露天風呂の方」とすすめる。そんな電話のやり取りの中、省子さんが「いま、しゃべったよ!」と桃子ちゃんの様子を報告。すると、野村も娘の名を呼びかけ、「聞こえる~?」とニコニコ顔に。これまで写真や映像はどこにも出していなかった、桃子ちゃんの写真をテレビカメラの前で見せるのだった。

 その後、じっくり考えた末、野村は下田での住居を決定。その報告を兼ねて再度、省子さんに電話をかけた際には、「来月にでも、来られたら来て」と呼びかけていたという。「遠距離で離れてしまうけど、逆に家族が一緒にいることの大切さもたくさん味わうと思うし、僕たち家族にとって何がいちばん大事なのか見えてくると思う」と、いよいよ始まった移住生活への期待を話していた。