嵐全員がタキシード姿で記者会見? コミカル&演技力光る新CM完成

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
嵐の5人が日立のロボットクリーナー『ミニマル』新CMに出演

 人気グループ・嵐が出演する日立アプライアンス・ロボットクリーナー『ミニマル デビュー』篇が19日より全国でオンエアされる。CM内ではタキシード姿で記者会見に臨む...という設定のもと5人がコミカルかつ演技力を必要とするシーンも見事にこなしている。

 英字新聞上から始まる同CMでは、記者会見風の5人の写真から手にもったロボットクリーナーが飛び出し、記事の文字を吸い込んでいき、写真のなかのメンバーにも迫りだし...。最終的には控室を思わせる場所で大野智がロボットクリーナーをキャッチ。「行こうか」という言葉と共に大野が振り返ると、ほかのメンバー全員で「OK!」と息ぴったりに返答。立ち上がって控室を後にする。

 迫りくるクリーナーをイメージしながら避ける...という想像力が求められるシーンに挑戦したのは櫻井翔と松本潤。先に撮影した櫻井は1テイク目から「簡単そうに見えてすごい難しい動きですね」と苦戦したものの徐々にコツをつかんだ様子。松本は「台から降りる時は、体が離れすぎない方が良いですよね?」と確認するなど、動き方のイメージを固めスムーズに撮影を終えるとスタッフからも感嘆の声が漏れた。

 大野、相葉雅紀、二宮和也は椅子に座って、タイミングを合わせて足を組む...というカットを担当。相葉が「多少のズレってありですか? いや駄目ですよね」と一人ツッコミすると、二宮は「僕はずっと心の中で全員の成功を念じているよ(笑)」と返すなど和気あいあいと撮影を進めていた。

 また、今回のCMでは、最新アルバム「Are You Happy?」収録のリードトラック「Don't You Get It」が使用されている。